スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人目の入院(予定帝王切開)③

手術翌朝。

今回の山場である子宮収縮痛がやってまいりました。

1人目より2人目、2人目より3人目がより辛いと言われる
子宮収縮痛。


私の場合は手術直後~翌朝までは
麻酔が利いていたお陰か比較的我慢できるレベルでした。


が、翌朝になると段々痛みがきつくなり
顔をしかめるように。


痛いのは右横腹。

運動しない人がいきなり腹筋200回くらいやった時のような
強烈な筋肉痛+生理痛のような痛みでした。


術後に
「うちの病院は収縮でも傷でも痛んだら座薬出しますからね。
大きな病院だと我慢して!ってなるけど。
だから遠慮しないで言ってね!」

と看護師さんから言われていたので

痛みがピークになる前にナースコールし
座薬入れてもらいました。
背中に痛み止めであるシェアフューザーを留置した
上での座薬でした。
(1人目は座薬なしでいけた)

座薬は素晴らしく、15分くらいでいきなり楽になり
その日は薬が切れる8時間後までたいした痛みを感じずに
過ごすことが出来ました。


体調が安定したのでやっと娘と対面できました…。


座薬を入れたおかげで
その後の体位交換や自力歩行、着替えなども1人目より
スムーズに運べたので
我慢しなくて良かったと心底思いました。


【朝食、昼食】8時 12時
お茶、果物ジュース

【夕食】18時

お粥、コーンスープ

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

つなまゆげ

Author:つなまゆげ
豊島区在住の33歳。
基本的にサボるの大好き、
不真面目なB型人間です。

ブラック企業に新卒から入って
外回りの営業を9年、
第二子妊娠を期に
営業事務をやってます。
子供は2人とも
0歳から認可保育園です。

親類は片道2時間かかり、
旦那は激務のため
ほぼ1人で子育て中( ´Д`)

2009年12月結婚。
2012年10月 4630gの超巨大男児を出産。(帝王切開)
2013年5月 息子(生後6ヶ月)を認可保育園に預け、復帰。
半年ほどデスクワーク。
2013年11月営業に復帰。
2015年4月 営業事務へ転属。
2015年9月 3468gの娘を出産。
2016年4月 娘(生後8ヶ月)も保育園に預け、復帰

不定期更新になってますが
悩みを含め、ホンネで好き勝手書いてます!

最新記事
最新コメント
記事ランキング
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
巨大児の体重変化
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。