川崎病②大学病院で

紹介状をもらってはいたものの
大きな病院は人がたくさんおり
子供が大人しく長時間待てるか不安になりました。

※通常川崎病の子は40度近い高熱が続くため
受診の時点で元気がない、ぐったりすることが多いらしいです。
うちは38度しかなく、元気だったので病院内を走り回りました。

余談ですが、
紹介状があれば
というか緊急を要する紹介だったようで
色々なものが物凄く速く進みました。

専門医の診察、検査系(心臓のエコー、心電図、レントゲン、血液検査、尿検査、ウイルス系数種類の検査)、再診、入院手続きで3時間です。


検査がおわったあと、専門医からは

「状況からみて川崎病の疑い濃厚です。
これは検査結果で判断する病気でなく、症状がいくつか当てはまれば
診断になる珍しい病気です。
お子さんは所見はあるものの、機嫌もそう悪くなく、
炎症反応も高くない。だから疑いどまりです。
帰宅してもいいですが、川崎病なら日に日に状況は悪くなります。
毎日外来に来ていただく必要を考えると入院をすすめます。」

と言われました。

専門医がそれっぽいって話していて、
わざわざ悪くなるの待って外来で毎日診察受けるなんて
帰宅のメリットない。

おとなしく入院することにしました。


③へ続く

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

つなまゆげ

Author:つなまゆげ
豊島区在住の33歳。
基本的にサボるの大好き、
不真面目なB型人間です。

ブラック企業に新卒から入って
外回りの営業を9年、
第二子妊娠を期に
営業事務をやってます。
子供は2人とも
0歳から認可保育園です。

親類は片道2時間かかり、
旦那は激務のため
ほぼ1人で子育て中( ´Д`)

2009年12月結婚。
2012年10月 4630gの超巨大男児を出産。(帝王切開)
2013年5月 息子(生後6ヶ月)を認可保育園に預け、復帰。
半年ほどデスクワーク。
2013年11月営業に復帰。
2015年4月 営業事務へ転属。
2015年9月 3468gの娘を出産。
2016年4月 娘(生後8ヶ月)も保育園に預け、復帰

不定期更新になってますが
悩みを含め、ホンネで好き勝手書いてます!

最新記事
最新コメント
記事ランキング
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
巨大児の体重変化
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる