スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼をとりに


かき氷の名店へ行きました!

目白の志むらさんです。

骨折しててもチャリで行ける距離なら
行きます。行列はキツかったけど。

デカすぎるサイズに子供達は驚き!

30分は並んだのですが、
珍しく2人の子供は大人しくて良かったです。

また行こう。

スポンサーサイト

在宅ワークやってみた

足指の骨折で在宅ワークを余儀なくすることになりましたが
これが思いのほか会社にも自分にも有意義なことに気づきました。

なお、プロフィールにもありますが
うちの会社は中小企業で、超がつくほど個人主義、子供のような自由な社員が多く、
9割以上男性(オッサン)、、
など決して制度の整った会社ではないことを前提に読んでください。

【在宅ワークをしてみて気づいたこと】

☆メリット☆
①会社に行かないことで予想以上に時間が確保できる
・往復2時間近くの通勤時間を確保
・オシャレ、化粧も(気にしなければ)いらないので
ビデオ会議とか無ければ身支度時間さえもカットできた
・お弁当も作る必要なし(殆ど作ってないけど)

②家事が同時並行できるので、精神的に余裕ができる
→確保した時間や、仕事の合間に家事ができる
・常時部屋干しだった洗濯物は外干し&取り込みできた
・週5日あれば1日くらいは晴れるのでシーツも洗えるし、布団干しもできた
・子供が夜に散らかしていても、昼の在宅が自分1人なら片付けなんて即できた
・電話しながら麦茶ストック作ったり、簡単な料理はできた
・PCしながらルンバしとけば掃除もできた

家が荒れる感じはまったくなく、
子供たちが帰宅しても家事しながら→一緒に過ごせる時間に変わりました

③思ったほどお金がかからない
→家からでられないのでお金を使わない
・ランチは余りものを使って自炊
・おやつもふかし芋とかw
・飲み物も冷蔵庫から出すだけ

冷暖房費はかかりますけど、オフィス街のランチ費用に比べれば
何ともありません。1000円は基本かかるもんね。

④自分のペースで仕事できる
→環境を選べる。そのため集中度合いが高い
・オッサンのムダな話に付き合ったり、
宅急便受け取りとか、お茶だし頼まれたり(ほぼないけど)することもない

私は骨折しているから自宅でしたが、カフェとかでもアリですよね

★デメリット★
①コミュニケーションが希薄になる
→細かなニュアンスが伝わりにくく、疑心暗鬼になりがち
・顔合わせない分電話やメールが増えるが、最終的に必要以外には連絡しなくなる

営業事務の私の場合は、メールと電話が来る量が一気に減りました。
その分こちらがメールや電話で連絡・確認するようになった。
状況が見えない分、必要以上に細かく質問・確認してしまった気がします。

②自制心がないと仕事をしなくなっていく
→いつでもできる=仕事が後回しになってしまうことも
・防止策として、テレビがない部屋で仕事するとか
時間になったら絶対PCに向かうようアラームセット等やった

時間ではなく成果で評価する方向へ変えないと
最終的な防止にはならない気がしました


メリット、デメリット両方あると思うんですが
長年同じ会社で、さらに社内の仕事だと人間関係も固定しがち。
そうなると人目も気になり気分転換が難しいです。

週に1度は在宅で仕事!とか
週に1度は会社で打ち合わせ!とか
自分で場所を変えることで気分も変わるし、視野も広がるのではないかなと思います。


あと今後女性採用・活用するならこれがあると働きやすいかなと思います。

旦那が専業主夫とか、超協力的で残業なしの会社にいるなら別だけど
ワーキングマザー=家事+育児+仕事になっている場合がとても多いと思うので。

これがあれば、頑張るところじゃなくても、仕事と育児で手一杯で
家事できなくて家が荒れて、悩みになってしまい
「仕事やめるか・・・」にならないようにすることはできると思います。

とはいえ職種、雰囲気によるから全能ではないけどね。

とりあえず私はこれが骨折時の期間限定なんで
有事以外にも認められるように
まずは週に半分在宅ワークOKがでるような仕事っぷりを目指していこうかなと思います。


負傷の結果

久々の怪我しまして・・の続きです。

週明けには、さすがに血も止まり
寝た分だけ(昼寝しまくり)回復していくという
子供のような自分の回復力に驚きつつも

念のため、病院へ行ってきました。



結果・・・・

20170829083515c05.jpeg 
骨折してましたっwwww



説明が難しいですが、
机が足と平行に落ちてきたので
左足、親指の爪がちょうど真ん中から横に亀裂が入っているんですが

その亀裂から指先に向けてガッツリ折れてました。


35歳にして人生初骨折!!!
何しても骨は折れないのが私のとりえだったんですが、、

オメデトー!!!(なんで)



しかも病院の先生から

全治2ヶ月

と言われ、



さすがに3日もたてば痛みは結構引いていて、
突き指のレベル。

変な歩き方だけど歩けはするし、
病院行く前にチャリ乗って
ランチは焼肉食べにいきましたんでね(おかしい)
全治2ヶ月はないだろうよ。


※どうも指先って治りが遅いそうで、
さらに折れ方があまりよろしくなくくっつきにくいようです。


さらに先生

「足の指だからね、風呂に入ってガッツリ洗って。」


イヤイヤイヤイヤ!!!
あんなに流血してて、爪パックリいってたら絶対しみますから!!!!
殺す気かーー!!!

「痛くないと思うけど・・・・
無理にとはいわないけど、水虫になるよ」



いてぇよ!!!!絶対!
水虫とかどうでもいいーーー!!!
このヤブ医者ーーーーー!!!!!
(と心の中で叫ぶ)


・・・・自宅に帰ってからおそるおそる
風呂に入ってみたところ、


まったくしみませんでしたw
(先生すみません)
水虫が怖いので、素直にガシガシ洗ってます。


でもその後も血はでてくるんで
血が出るってことはどこかに傷があるはずなんだけどなぁ・・・
とか思いつつ今に至ります。



そういえば、ワンオペ育児の我が家ですが
毎日夜中帰り&ワーカーホリックの旦那に有事を認識させ(流血と骨折の効果は絶大)
保育園の送迎、入浴を頼むことに成功しました。

1週間限定(というか限界)だけど意外とやれるもんですね。


私は指の骨折くらいでは何日も休むわけにもいかないので
とりあえず今週は在宅で仕事となりました。


いやー、骨折も悪くない・・?w


久々の怪我

前回の続きが中途半端ですみません。

先ほど丁度その記事を書いていたら、
久々に負傷したのでそちらの話を先に。


最近もうすぐ2歳になる娘のおてんばっぷりが
酷いです。

で、今日は高さ40センチくらいのローテーブルに登り
立って、ドヤ顔でブンバボン踊ろうとしていた(高度なおてんば)ので

放置基本の教育方針ですが

さすがに危ないので止めに入って抱きかかえた瞬間
ローテーブルが手前に倒れ、

私の足の親指にクリーンヒット!



ハイ、激痛。
悶絶。


チョット普通の痛みと違い、激痛が長いので
視界に指を何とか入れてみたら


血だまりで(!!)




あ、大惨事ではないですよ。
出血量大さじ2杯位w


ただポタポタきてたのもあり、
普段血を見ない子供達がパニックに。


4歳10ヶ月の長男は号泣し、
戦犯の娘は「イタイ!!イタイ!!」と。


血と「アホかー!イタイのは私じゃ!」と娘にツッコミ入れられないくらい
の悶絶状態を見て

今度はその場にいた旦那がパニックww



旦那:「救急車呼ぶ!」
私:   「ハ、、、?いやっ、、そ、、こまでは、、」
息子:「母ちゃん死にそう?!」(←救急車に乗ってる人は死にそうで大変だから救急車見て喜ぶなといつも教えてる)
娘:「イタイイタイ!」

旦那:「じゃ、今日土曜だし夜だし夜間救急に聞くわ」
(病院と電話でやりとりしつつ)
「ハァ?カネの話はいいから、対応できんのか教えてくださいよ。
医者出せ、医者ー!こっちは救急車呼ぶ勢いなんだよ、オラァ!」

※カネの話とは時間外は診療費以外に8000円近くとるってこと。
デカイ病院では無駄省きのため、今や普通の話。
※旦那は物静かだけど、元々クレーマー気質です。

私:もう、いい、から、、、。代わってくれ、、、
旦那:(まだ病院とやりとり中)
「あぁ?落ち着いてるよ!話がわかるやつ出してこいよ!

、、、貸せ、電話を。

結局自分で状況を説明して
診察しないと分からんものの出血しやすい箇所だから驚く必要ないこと、
止血方法と、行ったところで救急対応なので痛み止め1日しか出ないことを確認し、
更にそれも市販薬で代用出来ることが分かったんで、
病院には行かないことにしました。


痛みがキツくて歯がガタガタいってたし話するにもギリギリの状態だったんですが
パニックな人見ると、何故か冷静になってしまいました。
ちなみにいつもは私がパニック。



で止血し、冷やしたりして、少し痛みが引いたのですが
当分まともに歩けそうもないんで
週明けどうしよう、、なんて考え中です。


病院に行くのと、仕事は在宅に切り替えればいいとして
日常生活(主に子供達のこと、あと保育園送迎)どうするか、、

いつもワンオペ育児だとここら辺難しいなぁなんて思います。


あ、旦那にお願いすればいいんか!w


①朝、帰る時間を決める

やることを考えてるといつも帰れなくなるので
初日は勢いで決めました。


仕事は考えず、自分のことだけ考えて
帰りたい時間を設定すると


・・・16時かな。


16時に帰るなら・・・
お迎えまでに美容院いきたいよね。。。

あ、でも保育園の先生にばれたらまずいけど・・・。
別にどうでもいいか。
いつも仕事してるんだし、今回は謝ればいいや。(★)


★・・・・・・・・・・・・・・
今思えば、ここで思い切りよく
「謝ればいいわ」と思えたことは重要でした。


普段、人ばかり気にして仕事しており
帰宅ぎりぎりまでやっていたので
保育園のお迎えに遅刻することが多々あり
謝りすぎて、毎日先生達にビクビクしながら過ごしてましたし、
先日近所から「子供の声がうるさい」とクレームもあって
何かとストレスを抱えて小さいことも気にしていたので・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅時間とやりたいことは決まったので
あとはそれに向けて何とかするだけ。


会社についてまず

①やりたいこととかやらなきゃいけないことを分類
②どうしても今日が締め切りのものだけやる

どちらも紙に殴り書きで
具体的な仕事内容を書きました。


書いてみると、
今日やらないといけないものってとても少なく
実際②に取り掛かってみたら半日で終了w


16時までは「締切が明日以降かつ、優先度合いが高いもの」を
処理しました。


その合間に他人から依頼が来ても
「いつまでにやればいいの?」とか
こちらから「明日でもいいか?」などまず期限を設定し、
今の自分の仕事との調整を図るようにしました。



今まではどんなタイミングで依頼がきても
それを最優先処理。
メール、電話、全部即レス。

なので、電話やメールが多い日は
自分の仕事が全くできない状態でした。



でもその日は決めた仕事をする間は、
メールは見ないし電話も取らない。


決めた仕事といっても1つが1時間もかからないので
1つの仕事が終わり次第電話は返し、
メールは3時間に1回チェックするだけにしました。


そうしたら劇的に効率がよくなり
半日で自分のノルマ処理に成功したのでした。



いかにメールや電話、他の人優先にしすぎていたか
勝手に仕事を増やしていたかが分かりました・・・・。



結果、帰り時間を設定することで

自分が何をしたいのか    →美容院に行きたい
何をしなければいけないのか →今日分の仕事が最優先

を考えることが出来て、
仕事初日で16時にオフィスを出ることに成功しました!


帰りに予定通り、美容院に行き
(いつも通りの時間ですが)お迎えへ。
帰宅後は気持ちに余裕を持って子供達に接することが出来たので
子供達も泣くことは少なく、家事も中途半端でも
気持ちは楽に過ごせました。


「自分の設定した内容を思った通りに出来た!」
「無理だと思っていたけど、やれば出来た!」

何かとうまくいかない時は
小さいことでも達成感を得られるのはとても重要でした。


朝帰る時間を決めるのは
今のところ3日ですが、続いており
仕事の効率は相変わらず下がらず何とかなっています

「働き方革命」なるもの

自分探しや自分の時間を捻出するため
「働き方革命」なる本を読みました。

著者は駒崎弘樹さん。

ワーキングマザーなら
1度は検討したであろう病児保育で有名な「フローレンス」の代表です。

フローレンス設立の本を5年ほど前に読んで(立ち読み)
いたく感動したので名前はしっかり覚えていたのが
今回本を手に取ったきっかけです。

内容は仕事で多忙な駒崎さんが
18時で帰るためにどのように働き方を変えていったのかという
具体例とそれに至った経緯とか思いとかが
分かりやすく書かれています。


最近仕事で色々あって、前向きになろうと思いつつ
イマイチ気分が晴れなかったのですが
これを読んで、少し行動に移したら気持ちが晴れました。

【(とりあえず)実行してみたこと】

朝、帰る時間を決める。
スリムタイマーを導入し、仕事にかかっている時間を計測

これだけw
でも効果ありました!!!!


詳細は次に続く・・・

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

つなまゆげ

Author:つなまゆげ
豊島区在住の33歳。
基本的にサボるの大好き、
不真面目なB型人間です。

ブラック企業に新卒から入って
外回りの営業を9年、
第二子妊娠を期に
営業事務をやってます。
子供は2人とも
0歳から認可保育園です。

親類は片道2時間かかり、
旦那は激務のため
ほぼ1人で子育て中( ´Д`)

2009年12月結婚。
2012年10月 4630gの超巨大男児を出産。(帝王切開)
2013年5月 息子(生後6ヶ月)を認可保育園に預け、復帰。
半年ほどデスクワーク。
2013年11月営業に復帰。
2015年4月 営業事務へ転属。
2015年9月 3468gの娘を出産。
2016年4月 娘(生後8ヶ月)も保育園に預け、復帰

不定期更新になってますが
悩みを含め、ホンネで好き勝手書いてます!

最新記事
最新コメント
記事ランキング
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
巨大児の体重変化
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。