抱っこ紐での防寒

生後2ヶ月半になり、首がしっかりしてきたため
抱っこで自転車に乗るようになりました。

毎日の保育園の送迎が歩きだと
片道30分を超えていたため(3歳児と手を繋ぐから)
自転車はもう本当に快適なんですが

1つだけ気になる点が…。


抱っこ紐の上からつけられて
足までスッポリする中綿入りの防寒具を購入したものの
いざ自転車に乗ると
今度は私と娘の間にスキマがあき寒い!


抱っこして撮りました。分かりにくくてスイマセン。
まだチビだからか顎から胸までが開いてます。 

うちはやたら前に頭を倒す癖があるので
頭のカバーは出来るだけ避けたい。

ということでこんな防寒してみました。


ファーのネックウォーマーを高さを半分に折ってみたら
ぴったり!

頭まで暖かそうで爆睡しておりました(笑)


ちなみにコレ、今期のユニクロです。
たまたま昨日790円で売ってたので買ったのですが
大人がしてもめっちゃ暖かかったです。

抱っこ紐だと親は首もと寒いんですが
マフラー巻けないし、スヌードだと娘の顔に掛かるんで
ネックウォーマーはスゴい良かったです!

この冬は私も娘もこのネックウォーマーで
いきたいと思います。


ダサイけど自転車移動時だけと限定したら
快適この上ないと思いますよー(^-^)

子供の多様性としつけ

図書館で借りた本で
気に入ったのがあったので紹介します。


ローベル作「4ひきのりっぱなこぐま」


これは子供に良い…というより、
親のための本だと思います。


内容は子供の多様性についてです。

おじいさんは「立派」とはこうあるべきと
こぐま達に行動を強いますが、こぐまは他のことが得意。
おじいさんが手本を見せても
こぐまは得意なことで遊んでばかり。

それをバカにするおじいさん。

しかしある日、その得意なことに助けられ
立派とは本に書いてあるものではないと
分かった…という話でした。


話の展開はまあよくある感じなんですが
子供の表情とか細かい点がリアルです。



罰をあたえるシーン


認めてもらったシーン



この本は無意識に
子供に自分を投影していると気づかせてくれました。

例えば早くしなさい!と上の子に言うこと多数ですが、
これは私の問題で、子供には関係ないですよね。

だって、突き詰めれば
「時間が守れない子(悪い子)にしたくない」
=「私が悪い親だと思われたくない」ってことだったから。


あなたのためだからと言いながら
結局は自分のためだった…。


子供を自己実現の手段とし
しつけと称して必要ないことまで強いていたことを
猛反省しています。


この本は即Amazonで注文し
家に置いておこうと思いました。


それにしても子育てって難しいなー。

家のこと

2015年、私達夫婦は33歳になり
息子は3歳、そして娘が産まれました。

うちはこれ以上子供は望んでいないので
4人での生活設計、人生設計をすることになります。

目下の悩みは家のこと。

2年前、現在の家に引っ越してきました。
1LDKの築浅で家賃は12万。
ビルトインの食洗機はあるし
床暖完備だし、風呂も広い。

見た瞬間とても気に入って
すぐ引っ越しました。

住んでみて本当に満足してます。
大家さんもいい人だし、閑静な住宅街で
ご近所もいい人たちばかり。

でも…4人で住むには狭いのです。
子供も男と女に分かれたので部屋は各1つは必要だし。


3LDKの家で各6畳などある程度広さを確保するとなると
ここら辺の相場は古いものでも15万以上。
新しければ20万くらいはする。

待機児童の絡みで今違う場所に引っ越したら
私が仕事を辞めなきゃいけない可能性大だから
豊島区からは動けない。

そうなるとそこまでお金を出しつつ、更新料も払うとなると
買ったほうがいいよね…という話になりました。

第一候補は中古マンション。
ネットで情報を見る期間が1年以上あったと思います。

これは結局諦めることにしました。

予算を考えて中古を希望したのですが
3LDKとなると新築一戸建てとほぼ変わらないのです。
築20年とかで4000万超…。
古ければ共益費、修繕積立など家賃以外のものも
月2万とかかかります。

それだけの値がつくってことは資産価値はあるのだろうけど、
自分たちが子育てが終わるころ、仮に20年住んだら、築40年。
流石に価値は下がると思います。
※そもそもの考え方として家はその時の状況で変えたい
=子育てが終わったら住み替える=売却という気持ちがありました。

じゃ、新築マンション?
…いえいえ到底手が出ません。6000万とかするもん。
子供の教育費用出せなくなっちゃう…。

そうすると残るは一戸建て。

田舎生まれの私には東京の一戸建ては狭いから嫌だったのですが
致し方ありません。

値段を調べてみると中古マンションより安いものもある。
資産価値が土地にしかなくなるからだと思います。

注文住宅だと別ですが
新築マンション以上のお金がかかるのでNG。

ということで今は一戸建てを検討しています。

ローンを早く終わらせたいから
息子が小学校に上がるまでに買ってしまいたいなー
という気持ちもあり、いい物件があれば…といろいろ見て回ってますが
コレ!といったものって見つからない…。

今まで家の運(お買い得物件の意味)はいいと思ってきたんですが
賃貸で使い果たしたのだろうか…(笑)

3年あるので、また少しずつ見ていこうと思います。

2016年度 認可保育園に入りたい①

久しぶりの豊島区保育園入園についてです。

3年前とは状況が変わったなーと思います。

まず豊島区の対応が良い。
HPには最低の入所点数を保育園ごとに公開したし
説明会とかもやってる。
電話の問い合わせも至極対応が良く、
ものすごい細かいけど基本的な事でもしっかり教えてくれます。

「アベノミクスのおかげで
子供や女性関連には積極的に予算使えるようになったんだね…」と思ってしまいましたが(笑)

そして新規の認可園が続々と出現。
2016年度に新規OPENの園は4つくらいありました。

無認可だけど待機児童用の保育所まであるし。


これなら多分どこかの園には入れると思う。


相変わらず希望園ごとではなく、点数順で並べて上位から
希望園に入れていく方式なので短時間のパートなど
点数が低い方は厳しいに違いないけど。
※国としては扶養範囲内の人ではなく
社会保険料まで払えるくらい働く女性を増やさない事には税金も増えないから
これで良いのだと思います。


さて、我が家は私が育休明けの復帰で0歳クラスに入れるつもりだし
既に上の子が区立保育園に通ってるから
そこを希望すれば兄弟加点がついてアッサリ入園できると思われますが

正直、今の保育園に不満が多い。


何かにつけて「家庭でみてほしい」と言われます。
今なら育休中だし、息子が赤ちゃん返りしてるから尚更。
でも、実家が遠く旦那がほとんど家にいないうちでは
2人を家で見るのはキツく、しわ寄せが叱る方向で息子にいく状態。

そこを助けてほしいんだけど…

こういうスタンスだと
面倒くさい子供は見たくないんじゃない?と思ってしまう。

だからもっと子供の事も見てくれて、
親にも配慮できる園に
転園&入園するのもいいかなーと。

ちょうど息子は来年から年少で、
そうなると決まったお友達ができてしまうから
変えるなら今かな…なんて。

転園するかどうかについては
また改めて書いていこうと思います。

まずは転園希望園の説明会予約しなきゃ!

強いこだわり

東京に帰って1ヶ月ほどたちましたが
息子の洋服へのコダワリが半端ない。

気にいる服しか絶対に着ないし、
うまく他の服を着ても毎日お着替え8枚とかします…。

保育園に行っても同じ。
先生から「お洗濯が多くてすみません」と謝られるくらい。

理由は水滴がすこーしついて汚れたとか
着てみたけど、もっと着たいものが見つかったとか
大人からするとどうでもいいじゃん!ってこと。

洗濯物ばかり増やしやがって(*`へ´*)と怒ってばかりいたのですが
途中で気付きました。

それと並行して「構って欲しい」と言うようになっていたのです。
「妹ばかりオッパイ抱っこして…僕とは遊んでくれない。構って欲しい」と。
産まれてすぐより生後2ヶ月の今の方がその不満は強くなっています。


うん。そうか…。
洋服へのコダワリは「構って欲しいよ」のサインだね。
つまりは変形の赤ちゃん返りだよね?


保育園の帰り、息子のペースを守って歩いて帰ってみたり
授乳が終わったら目の前で娘を旦那に預けて
(ここポイント)私が遊んだりすることで
少し落ち着いてきたように思います。

旦那とは公園行って走り回ったり
オモチャ買って2人で楽しそうに遊んでいたので
満たされてるな、よしよし…大丈夫と思っていたのですが
どうも「母ちゃんに構って欲しいよ」ということだったみたいです。

私も家事と息子の激しい自我の芽生えと戦いつつ
娘にオッパイやる(いつものごとく旦那激務で戦力外)のを
こなすので必死ですから

「早くやってよ!」「なんでこんなにこぼすの!」
「いい加減に寝なさい!」と怒りをぶつけてしまっていたのでしょう。

私が未熟者なんでね…いつもの事だけど…反省。

保育園に通わせているおかげで少し余裕ができたせいか
私も体調が良くなってきたし
息子のことを考えてあげられるようになってきたので
ここからはうまく年長者優先で行こうと思います。


先日3歳になりました。
10 | 2015/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

つなまゆげ

Author:つなまゆげ
豊島区在住の33歳。
基本的にサボるの大好き、
不真面目なB型人間です。

ブラック企業に新卒から入って
外回りの営業を9年、
第二子妊娠を期に
営業事務をやってます。
子供は2人とも
0歳から認可保育園です。

親類は片道2時間かかり、
旦那は激務のため
ほぼ1人で子育て中( ´Д`)

2009年12月結婚。
2012年10月 4630gの超巨大男児を出産。(帝王切開)
2013年5月 息子(生後6ヶ月)を認可保育園に預け、復帰。
半年ほどデスクワーク。
2013年11月営業に復帰。
2015年4月 営業事務へ転属。
2015年9月 3468gの娘を出産。
2016年4月 娘(生後8ヶ月)も保育園に預け、復帰

不定期更新になってますが
悩みを含め、ホンネで好き勝手書いてます!

最新記事
最新コメント
記事ランキング
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
巨大児の体重変化
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる