今週借りた本から

娘が産まれてからも、寝る前の絵本は継続中です。
図書館にはうちの父(運転)と息子と私で2週間に1度行き、
読めそうな本を選んで来るのがルーチンに
なりました。

予約や通販もいいけど、本は出会いを大事に手にとってみるのが
やっぱいいなーと思います。

今回借りた本からピックアップ↓


私セレクト本。小さいときに読んだ記憶あり。
息子、大ハマりでした。
文字は見開き毎に一言だけなんですが、
それが面白いらしい…。

自分でめくりやすい本の大きさ(自分で読んでる感)も
気に入ったようでした。


息子セレクト本。
タイトルが面白く、字の分量も読めそうだったので
試しに借りましたが心に響く大変良い本でした。

主人公のティラノサウルスは、
食べようとした迷子の赤ちゃん恐竜に
「おとうさん」と呼ばれてしまったことをきっかけに
守ったり、いろいろな事を教えたりし
最後は本当の親の所に戻してやる話。

赤ちゃん恐竜がけなげに慕うもんだから、
主人公の気持ちがだんだん優しく変わっていくのが
良かったです。

息子も「うまそう、読んで」と毎晩オーダーしてきます。
これは買おうと思ってます。

図書館に行くのも3回目。
絵本を読んで→寝るもだいぶ生活に馴染んできました。

東京に戻っても、職場復帰しても
出来るだけ続けたいなと思います。

ワガママの洗礼

退院して数日…

「2人育てるのは5倍大変だから!」の意味がわかってきました。


退院早々、
2歳11ヶ月の息子のワガママの洗礼を受けました…。


赤ちゃん返りは多少ありますが
「食事を食べさせてほしい」とか「オッパイ欲しい」とかで
こちらも対応できているため大したことはありません。

問題は私の入院中に甘やかされ過ぎたため
生活リズムが狂いまくりでワガママが酷いのがキツかった!!


私の入院中はうちの実家に旦那に来てもらい
育児は旦那、家事は家族という割り振りで過ごしていました。
(旦那には遅い盆休みをとってもらった)


旦那は頑張ってくれましたよ…

…うん…感謝はしてる…( ̄ー ̄)


でも
今まで保育園と私に息子の育児を
ほぼ丸投げで過ごしてきたため

出来ることは「甘やかすことだけ」だったんです( ´Д`)


息子の言いなりなので 
オモチャばかり買い与えて甘やかし、
食事量は激減し、お菓子やアイスやジュースばかり要求し、
昼寝はしないで遊びに夢中で毎日就寝は0時、
アニメのテレビはつけっぱなし、
移動は抱っこかおんぶか肩車しかダメ、
自分の要求が通らなければ
奇声をあげ大声でわめいて地団駄を踏んで
いつまでも泣き叫ぶ、(大人がドン引きするくらい)

そして、最終的には噛みつく、叩く、蹴るという…

酷い有り様になっていました。


退院後、最初は私も赤ちゃん返りだと思って
合わせていましたが絶対ちがう。

甘やかしてくれる父ちゃんだったから
とことん要求しまくって、それがまた通るから
さらにエスカレートしてずる賢くなった結果だと思います。


里帰りして1ヶ月何とか生活リズムだけでも
キチンとつけたいと苦労したのは
たった10日で水の泡(どころかマイナス)になりました。


いくら上の子優先といえど
このまま息子優先にしたらこちらが持ちません。
(私が退院した前日に旦那は東京に帰り、
たった1日の息子の世話で実家の親は疲労困憊状態だった。)


1週間かけてまず生活リズムを戻そうと思いました。
スパルタ育児、発動です。


まず産まれた娘は大変育てやすく
理由なしに泣いたりする子ではないようので
とりあえずオッパイ以外はベッドに放置し
あとの世話は実親にお願い。


基本的に私は息子にベッタリし
体調が悪くならない限り遊びには付き合う。
その上で、以下の4つを徹底

①食事をともかく重要視
(自分で食べなければ大人が食べさせる。
食べなけばお菓子やジュースなし)

②7時半までに起床、17時にお風呂、18時夕飯
→21時就寝が出来るよう過ごす

③噛む、蹴るなど暴力に訴えたら徹底的に叱る
(本気で叱るので、内容次第で叩く場面もあり)

④どんなに言うことを聞かなくて日中怒ってばかりだったと
しても「息子が大好き」など毎晩必ず抱き締めたりして
直接的な愛情表現をする


とりあえず厳しくいく①から③から始めましたが、
なかなか言うことを聞かなかったので、
趣向を変え④をやってみると

なんと1日で息子のワガママが劇的に改善( ; ゚Д゚)
噛んだり叩いたりが皆無になり、叱ること自体も激減。

さらに無駄にくすぐったり、
こちらも笑えるような遊びを加えていくと
一番手こずっていた寝かしつけ(昼寝、夜)が
2時間→30分以内に戻りました。

寝かしつけといっても私は

「これで遊んだあとにお昼寝ね?」
「絵本2冊読んだら暗くして寝るよ?」

くらいしか言わず、その通りに過ごした後は横に添い寝するだけ。

多少時間はかかりますが、
いつまでも遊ばずに自分でゴロンと寝てくれるようになったのが
一番大きかったと思います。


ここまでいくと世話をする大人もやりやすく
余裕も生まれるから、
より遊んであげられる→本人満足
→言えばお手伝いなどもやれる→褒められる
→素直に甘えることができる→大人も受け止められる

とうまく軌道にのっていきました。


まとめて書くとあまり伝わらないかもしれませんが

本当に大変でした。


ちなみに、息子の世話が落ち着いてきた頃、
旦那は電話でシメときました。

で、激務だろうか何だろうが調整していただき

●シルバーウィークは名古屋に来て育児する
●東京に帰ったら、土日平日ともに育児協力する
(定時退社なども週1は約束)

の2つは約束してもらいました。

落とし前です、落とし前。
ワガママにさせた分、自ら子供優先しろって話です。


とは言っても大して役にはたたないんですが(笑)
今度は私もいるので、酷いワガママにはならないよう
安定して過ごしたいところです。

名古屋港水族館へ!

うちの父(B型、62歳)が朝食中に
「じゃ、つなまゆげが下の子を産む前に水族館いくか!」


私&母 


( ; ゚Д゚)ポカーン

さも予定してたかのように言ってきたが
そんな話今初めて聞いたよ、親父…。



息子をどっか連れていかなきゃなーとは思っていたので
とりあえず父の提案に便乗し、



名古屋港水族館行ってきました!!
小学生以来だからたぶん20数年ぶり?

母は自宅にいたいとのことなので、
結局2歳9ヶ月の暴れん坊&臨月&父で行きましたが
かなり楽しむことが出来ました。


「じじ!なんかいる!!」
入り口のデッカイ水槽のイルカに釘付け。



大人も十分楽しめるイルカショー。朝イチの回で満席でした。
ショーの間は音楽のみでほぼ説明がないのが
とても良かったです!


ジャンプやらスプラッシュやら次々大技連発です。
演技がダイナミックで全く飽きなかったです。

規模の問題かとは思いますが
サンシャインや品川よりはるかに良かった!



11時頃の南館。魚を見れますが、混雑凄いです。
ベビーカーが上手く通れないくらい。
人気スポットではなく、時間を追うごとに
だんだん混雑してきてる感じです。


ひさしぶりの水族館、
子連れ妊婦としては以下の点が嬉しかったです。

●かなり混雑していても座るところがいくつかあるので
休むことが可能

●ベビーカーの貸し出しがある
→但し有料(100円)。うちはバギータイプを貸してもらいました。
1歳代はベビーカー拒否でしたが、
今は外出先で貸してもらえれば乗るので、こういったサービスは
ありがたいです。
混雑しているためチョロチョロして行方不明防止にも
なりました。

●イルカショー中は座れるし、
売店でアイスやら軽食を買い食べながら見れる
→空腹はチビも妊婦も辛いのでここはかなりポイント高かった!


行く方へのアドバイスとしては…
 
●車で行くなら開園前に!
→専用駐車場は、土日でも開園前9時の時点で空きがありました。
ただ、30分遅かったら満車だなという感じです。

●チケットは事前に購入を!
→なんと、チケット売り場は開園時間まで開けてくれません。
だからかなり並ぶ…。
日除けもなく暑いし、子連れだと子供が飽きちゃってキツかったです。

コンビニでも買えるみたいなので事前購入をすすめます。




帰りには
南極探索船「ふじ」も見学。
これは息子が、ふじを指してデッカイ船乗りたい!との意向から。

お気に入りは


海上自衛隊のヘリと


操縦室。

特に操縦室は何回も出入りして、親が飽きたわ。
男の子ですな(*σ´ェ`)σ



最後は記念撮影して終了。


イルカショー中に軽食をとったためあまりお腹が空かず
名古屋港の滞在時間は9時から13時の4時間でした。

短時間ではありましたが盛りだくさんな内容に
私も父も結構ヘトヘト。


息子も炎天下の中で「抱っこー!」と言わず、
歩きまくってくれたのが幸いでした。


来年辺り旦那と下の子を連れていけると
いいなあ(^.^)

2度あることは…

息子のジンクスは
「お盆は必ず病院の世話になる」ということ。


0歳の夏は脱水で入院。
1歳の夏は川崎病で入院。

で、今年は元気だしよかったーと思ってましたが

お盆休みも終わろうとしてる頃に
肘の亜脱臼で整形外科に行ってまいりました( ´Д`)( ´Д`)

亜脱臼はフツーの脱臼とは違い、動かさなければ痛くない様子。
もちろん治療しなければ動かないので
病院は行く必要はありますが、
「救急車!」みたいな一刻を争う感じではないです。
腫れもなく、外見ではわかりませんが
明らかに自分で手を動かさなくなり
バンザイはやらないし
腕をすこーし動かすとメソメソ泣き始める感じ。


うちは癖になってきてるんで
今回は何とビニールプール内で暴れてコケて
空気が入ってる縁の部分に手をついた際
やっちゃったみたいです…。
あんな柔らかい部分でどうやって肘がはずれるのか不明です…。

ま、過去2回ほど亜脱臼してますんで(自宅、保育園)
私も馴れたもので

「あちゃー、やりやがったな。仕方ないわ、病院いこか。」


ってな感じで盆休みでもやっている整形外科を探して
事情を説明したら先生も手慣れた様子で施術。

3秒で治りました。 

治している間はまれに見るギャン泣きでしたが
終わればケロッとしてました。



会計待ち。治ればバンザイしまくり。
ナゼか全く人がいなかったので撮影できました。


どうも6歳くらいまでは再発するみたいですが、
手を引っ張らないくらいしか予防策はないので
フツーに生活していきたいと思います。


来年の盆休みは病院に行かずにしたいなあ( ´Д`)

2歳後半の読み聞かせ②

前回の読み聞かせネタが好評だったので第二弾。

図書館で借りてきた本。


また6冊です。

★息子リクエスト本
「バルボンさんとさくらさん」
参観日に保育園で読んでもらってた本。
内容が面白いというより本人から「次借りたい」と
リクエストがあるので、それに従ってます。

★図書館で予約待ちランキングに入ってる本
「バムとケロのにちようび」シリーズものみたいです。
名古屋市の図書館予約ランキング上位だったので興味を持ち
たまたま通っている図書館で在庫があったので借りました。

子供向け海外アニメのような感じです。
1ページ内に複数コマ割りがされていて、
それごとに一言ずつ言葉が書かれてます。
(かたづける絵が書いてあるコマに
「かたづけて」とかかれるみたいに。)

私はただ読んでいるだけだったので
うけがよくなかったのですが、
旦那はコマを指差しながら読んでおり
その時から息子のお気に入りになりました。

テレビっぽいのでもっと日本語が豊かだったり
世界観があるものが私は好みかなー。

★Amazonで目をつけていた本
「やきざかなののろい」
表紙から題名からインバクトありすぎで興味がわきました。

嫌いな食べ物を粗末に扱ったが故
追いかけられて食べられちゃうんですが、
最後はその食べ物が好きになるというオチ。

話の展開は分かりやすいので、息子も毎日のように
読んで!と持ってきました。
焼き魚に主人公が「ぱく」っと食べられるシーンで
特に大笑い。

楽しい絵本ではあるので借りて良かったですが、
言葉がきれいとか読み込むうちに考えるような話ではなく
イマドキの本かなと思います。

★私の記憶にある本
「にんじんばたけのパピプペポ」
「まっくろネリノ」
うっすら読んだりよく見た記憶があったので選択。

「にんじんばたけの~」は大好きなかこさとしさんの本。
からすのパンやさんが貸出中なので在庫があるなかで選びました。

言葉遊びが巧みに入っていますが2歳台にはちと早かったです。
繰返し読むか、4歳ぐらいで再挑戦したい本。

「まっくろネリノ」は暗い感じが良いです。
いじめられた主人公がいじめていた兄弟を助けて
結果はハッピーエンドだけど、本のなかでも
楽しいばっかりじゃないことを知ってほしいので
このくらいの暗い感じは良いと思います。

息子も神妙な雰囲気でいつも見てます。

色彩もいいので、買おうか迷い中。

★自宅にある本
「もりのなか」
義母から贈られた本なのに家では読んでなかった(笑)
保育園にもあるらしく、昔からある良書ということが分かり
選びました。

白黒のお陰で想像力がかきたてられ
とても良いなと思います。

息子も集中して聞いてくれました。
自宅に帰ったらまた読もう。


今回は
「やきざかなののろい」
「バルボンさん」
「まっくろネリノ」
が特に息子のお気に入りでした。


次回も新しい絵本を探して借りていきたいと思いました。
次は五味太郎とかも借りてみようかな…。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

つなまゆげ

Author:つなまゆげ
豊島区在住の33歳。
基本的にサボるの大好き、
不真面目なB型人間です。

ブラック企業に新卒から入って
外回りの営業を9年、
第二子妊娠を期に
営業事務をやってます。
子供は2人とも
0歳から認可保育園です。

親類は片道2時間かかり、
旦那は激務のため
ほぼ1人で子育て中( ´Д`)

2009年12月結婚。
2012年10月 4630gの超巨大男児を出産。(帝王切開)
2013年5月 息子(生後6ヶ月)を認可保育園に預け、復帰。
半年ほどデスクワーク。
2013年11月営業に復帰。
2015年4月 営業事務へ転属。
2015年9月 3468gの娘を出産。
2016年4月 娘(生後8ヶ月)も保育園に預け、復帰

不定期更新になってますが
悩みを含め、ホンネで好き勝手書いてます!

最新記事
最新コメント
記事ランキング
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
巨大児の体重変化
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる