スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゃはは!!

退院したタイミングで、ぎゃはぎゃは笑うようになりました。

image_20130823220301e53.jpg
紙パックジュースをダース買いして、整理してたら
遊んでると勘違いして笑いが止まらない息子…(−_−;)


そんなに楽しいのか…


子供は見てて飽きないですね。
スポンサーサイト

仕事ができない…

仕事ができないのは保育園が預かってくれないからです。

もとい、また息子の微熱が始まってしまったからです。


昨日は通園許可を兼ねた通院なので自宅で看ました。
医者からは「問題ない。大丈夫」と言われたんですが、

今朝保育園の検温で

37.7度…
朝の検温は37.2度だったじゃんか…_| ̄|○


「お母さん、すいません。
息子さんは最近の記録をみると平熱が37.0度ぐらいなので
これではお預かりできないです…」


いえ、先生は悪くないですヽ(´o`;
とは思いながらも


家では37.2度くらいだったんですよね…
病み上がりだけど、土曜退院して月曜まで休ませたんでね、
この熱なら許容範囲で今日ぐらいは行けるかなあなんて
思っていたんですがね…

とブツブツ言ってみましたが
若い先生には困った顔をされるだけで、状況変わらず。



いや、もう仕方ない。
今回ばかりは保育園は悪くないし。


ガックリしながら自宅で看ることになりました。


今月も欠勤5回目…。


旦那は以前より休んでくれはしているけど、
代わってもらえない仕事内容のようなので
半休ぐらいでもその分朝まで仕事になってしまい体力的にもキツそうだし
そうすると結局私が休むことになっちゃう。

こんな状態で
私は仕事を続けていけるんだろうか…(−_−;)


image_2013082014085174b.jpg
当の本人は食欲あり、昼寝もバッチリ、10時頃にはすでに体温36.8度∑(゚Д゚)
今日も母と遊べて満足げでした。


預かり時間を7時半にしてから微熱&預かり不可が増えた気がするので
来週からまた8時過ぎ預りに戻し、夕方を5時迎え→6時迎えに変更しようかな…


息子にとって良い状態を考えながら、
実際試しながらの保育園通いとなりそうです。

食事の時間

入院中に自分で食べるという認識がはっきりしてきた息子。

image_201308191734423fc.jpg
スプーンであげたらイーヤー(ー ー;)
野菜は机に出してしまい、1個ずつ食べる。


image_20130819173440e24.jpg
プラスチックのエプロンまで食べる(笑)

何で首のとこ食べてるんだろ…器用な…(笑)


image_201308191734410a9.jpg
たまごボーロの味はまあまあですかねえ?


表情も仕草も豊かになってきました。


退院!

土曜
朝の検温は36.8度で問題なし。
回診で少しだけ胸の音が気になるものの、元気だし脱水は脱しているということで
血液検査の結果次第で退院okがでた。
10時すぎに採血し、結果問題なしとのこと。

東京へ戻ってから、この病院でどういった治療を行ったのか分かるよう
治療記録を書いてくれた。
忙しそうだったが、医者も看護師も若いが気が利くし
この病院にきたことは意外に当たりだったと思った。
(実家住まいの時は大きな病院は敬遠しがちというか、
町医者で治るレベルの病気しかしていない(笑))

息子も4日前に病院へきた時より元気になったと思う。


実家の両親が迎えにきてくれ、お会計をし無事退院となった。


ちなみに乳幼児医療証が使えない区外の病院のため
3割負担。3泊4日で約¥40000だった。
(もちろん後から豊島区に申請して返してもらう予定)

入院して良かったと思っており惜しくはないのだが、
改めて子供はお金がかかるなあと思った。

実家の両親と少しだけ過ごし、
午後、新幹線で東京の自宅へ帰ってきた。

自宅に帰るなり食欲旺盛になったり、いつものオモチャで
とても楽しそうに遊んでいた。
病院や実家ではこんな姿見られなかったぞ…

小さくても「自分のおうち」という認識があるのには驚きだった。

帰省が入院になってしまったけど
息子が元気になって良かった。

入院記録②

昨日からの続きです…

金曜
朝から咳き込み、胸が鈍くゴオゴオいってきた。
ゼーゼーはよくわからなかったけど、ゴオゴオはその通りの音がした。

6時半ごろ咳戻しを体験。
つまりは咳をして、し過ぎて吐いちゃう現象です。

実際は咳が止まらず、咳と咳との間が痰が切れずに無呼吸のようになり
ぐえっと吐きつつまだ咳が続きました。

震度5強も冷静だった私が、こりゃヤバイとナースコール。
ナースに「鼻水が結構出ていますね」と言われ吸引をしてもらったら
あっという間に咳き込みも終了。
大量の黄色い鼻水が取れたので、これが喉に落ち呼吸をしにくくさせていた様子。

その後、3時間で3回同じ咳戻しを体験。
毎回呼吸困難じゃないかと思ってヒヤヒヤしましたが、
すべて鼻の吸引で解決。

回診の時に今日退院したい!というつもりだったが、
こんな状態では家でも不安なので1日様子見で入院を伸ばしてもらった。

あまりに鼻水が多いのでRSウィルスを疑われ、検査をしてもらったが
結果は陰性。

昼寝は朝30分、午後2時間近く寝てくれた。(普段通り)
離乳食は日々量が増えているものの少なめ。
スプーンからは食べてくれず、掴み食べなら食べてくれることが判明し
味噌汁の具の豆腐、角切りのかぼちゃ、おせんべい(おやつ)は完食。
掴んでうまく食べられないごはん、ほうれん草などは数口しか食べられなかった。
スープはお椀を口まで持っていけばズズッと飲んでくれるので
半分ほど飲めた。
点滴はなしになったので水分補給をしなければいけないため、
これは助かった。

午後から37.7度と熱が上がってきたが、
夜には熱は下がって一安心。
私の24時間付き添いも3日目。
実家の母が毎日来てくれて昼と夜ご飯を届けてくれる。
洗濯物も持って来てくれるからとてもありがたい。

…のだが、丸3日も風呂に入れないのはキツイ…
一回帰宅して風呂に入って来るから付き添い、1時間くらい代わってくれと頼んだが

「あんたがトイレ行っただけでこんなに泣くくらい後追いが激しいので
1時間も面倒見るなんてムリ!!」

と断られてしまいました(ーー;)


退院編に続く
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

つなまゆげ

Author:つなまゆげ
豊島区在住の33歳。
基本的にサボるの大好き、
不真面目なB型人間です。

ブラック企業に新卒から入って
外回りの営業を9年、
第二子妊娠を期に
営業事務をやってます。
子供は2人とも
0歳から認可保育園です。

親類は片道2時間かかり、
旦那は激務のため
ほぼ1人で子育て中( ´Д`)

2009年12月結婚。
2012年10月 4630gの超巨大男児を出産。(帝王切開)
2013年5月 息子(生後6ヶ月)を認可保育園に預け、復帰。
半年ほどデスクワーク。
2013年11月営業に復帰。
2015年4月 営業事務へ転属。
2015年9月 3468gの娘を出産。
2016年4月 娘(生後8ヶ月)も保育園に預け、復帰

不定期更新になってますが
悩みを含め、ホンネで好き勝手書いてます!

最新記事
最新コメント
記事ランキング
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
巨大児の体重変化
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。